危篤

医師より危篤を告げられたら親類の方々に連絡をとりましょう。
また、代表の方に親類の方々への連絡をお願いしておきましょう。
※危篤を連絡する範囲は一般的に三親等までといわれています。

臨終

病院で臨終を迎えた場合、医師による死亡確認を受け、親戚の方々に臨終を連絡します。
看護師により遺体の処置をした後、お着せ替えがあります。
新しい衣類(浴衣・寝巻き・スーツ・着物・本人が最も好んでいた服)を用意しておきましょう。

搬送

病院での遺体処置が終了後、医師より死亡診断書を預かり、自宅・集会所・会館へ搬送いたします。
処置が始まる前に何時に寝台車の手配をしたらよいかを確認し当社へご連絡ください。
24時間体制でお迎えに上がります。

安置・枕経

ご自宅に安置する場合、仏間・座敷に安置いたします。
安置する際に、敷布団・掛布団・枕・白のシーツを用意し北枕または西枕にてお寝かせいたします。
枕飾り(当社より枕飾り一式はご準備いたします。)の準備が整いましたら、ご僧侶に連絡をし枕経をあげていただきます。

打ち合わせ

故人・家族の遺志を伺い、葬儀の日程・場所・規模・形式・費用を打ち合わせいたします。

手続き・手配

死亡手続き・火葬許可書・式場等の各種手続き手配や準備をいたします。

通夜前

祭壇設営終了後、式場に遺体を安置させていただき、皆様からお供えの札順・名前に間違いがないかを確認していただきます。
また、通夜・告別式のご説明(式次第)をさせていただきます。

通夜式

開式10分前までには式場に着席をし、僧侶をお迎えいたします。
司会者による通夜式開式の辞より僧侶の読経を拝聴します。
焼香は喪主・遺族・親族・弔問者の順で行います。
読経終了後、全員が合掌礼拝で僧侶を見送り、喪主様より弔問者にご挨拶します。
司会者による閉式の辞にて終了となります。

通夜振る舞い

弔問客を通夜の振る舞いの席に案内し、喪主・遺族は生前お世話になったお礼、故人の思い出を語りあって、故人との最後の夜を過ごします。

葬儀告別式前

焼香順位・弔電・弔辞読み上げの順番・名前の確認をいたします。
また、料理、火葬場に同行される最終の人数確認をします。

葬儀告別式

開式10分前までには式場に着席し、司会者による葬儀告別式の開始の辞によって開式します。
合掌・礼拝で僧侶を迎え、読経を拝聴します。司会者の案内により弔辞・弔電・遺族親族焼香・代表焼香・一般焼香を行います。
読経が終了し僧侶が退席後、喪主よりご挨拶をいただき、司会者より閉式が告げられます。

最後のお別れ

喪主・遺族・親族はお棺に集まり、喪主より順番に棺に生花を入れ最後のお別れをいたします。

出棺

僧侶・喪主(位牌)・遺族(遺影)・棺の順で葬列を組み霊柩車へ向かいます。
火葬場へ同行される方々はタクシー・マイクロバスに乗ります。
準備が整い次第出棺となります。

火葬

火葬場係員の案内の上、棺を炉前におつれし、僧侶より読経をしていただきます。
司会者が焼香のご案内をいたします。喪主より順次焼香をします。

精進落上げ

火葬場より式場に戻り、精進落上げをいたします。
お礼の意を込めて喪主・遺族が接待にあたります。

お骨上げ

火葬場係員の案内により、喪主・遺族・親族にて収骨をいたします。

遺骨法要・初七日法要

火葬場より式場・自宅に戻り中陰祭壇に位牌・写真・お遺骨を安置いたします。
遺族・親族が集まり、僧侶による読経・焼香を行います。喪主の挨拶をもって終了します。