next

prev

生前予約とは

ご自身が健康なうちに、ご自身のご葬儀内容や費用などを葬儀会社と相談して決め、予約しておくことを「生前葬儀予約」といいます。ご自身の希望や意思がご葬儀に反映され、遺されるご家族がゆとりあるご葬儀を行うことができる、安心のシステムです。

ご家族の負担を軽減しておきたいとお考えの方
ご葬儀は人生でそう何度も経験することではありませんので、いざご家族がお亡くなりになった場合には、短い時間の中でお葬式のプランを決めたり、葬儀費用を準備する必要があり、慣れないことばかりで精神的にも、肉体的にも負担が大きいものです。

生前にお葬式についてご家族も交えて準備しておけば、「いざ」という時のご家族の負担が大幅に軽減されます。
法定相続人身寄りのないおひとり様
法定相続人や身寄りのない、いわゆる「おひとり様」がご自身のお葬式について何らかの準備をしないままお亡くなりになった場合、銀行口座が凍結され、葬儀費用を支払うことが出来ない為、満足のいくお葬式を行うことが出来ません。

お世話になった周りの方々に「最後の迷惑を掛けない」ためにご自身のお葬式について、万全の準備をしておきませんか?
エンディングノートを準備されている方
「終活」の代名詞とも言えるエンディングノートには遺言書のような法的拘束力がありません。
また、遺言書で相続財産(お金)の使途を葬儀費用に限定したり、お葬式の内容を決めるにはひと手間必要です。
市販のエンディングノートには「お葬式のこと」を記載するページが必ずと言っていいほどあります。
折角エンディングノートを完成させたなら、ご自身でお葬式プランも決めてお金も預けておきませんか?

祭壇から返礼品などのご葬儀内容から遺品整理まで、ご納得いただけるまで綿密にお打ち合わせしてプランを決定します。

葬儀請負予約契約書を作成し、生前予約の契約をします。

内閣総理大臣の登録を受けた信託会社が専用口座で費用をお預りします。