事前に準備しておきましょう

1.宗教の有無、寺院や墓地の確認をしておきましょう。

宗教の有無や寺院・墓地の有無、ご連絡先などを事前にご確認ください。
寺院が決定していない場合は、親戚の方などに宗派を確認しておきましょう。
また、墓地についてはどのような形態なのかも確認しておきましょう。
例)寺院墓地、公営・私営霊園、自治会管理墓地など。

2.お写真を探しておきましょう。

いざという時のために、あらかじめ遺影写真の候補となる良いお写真を何枚か探しておきましょう。
遺影写真は葬儀だけでなく、ご遺骨と一緒に飾るなど後々まで残るものです。
その方らしいお写真をお探し下さい。

3.印鑑を用意しておきましょう。

死亡届のお手続きは、お忙しいご遺族に代わり、ライフガーデン たかつきホールのスタッフが代行させていただく事があります。
その時、市役所や区役所で印鑑が必要となります。ご用意いただきます印鑑は、死亡届申請者の印鑑となります。
公的書類のため、シャチハタは使用出来ませんが、銀行印・実印等の重要な印鑑は避け、認印をご用意下さい。

4.本籍を確認しておきましょう。

死亡診断書には、亡くなられた方の本籍・筆頭者(戸籍の一番最初に名前のある方)を記入する欄があります。
事前に把握しておきましょう。

5.お帰り先を決めておきましょう。

病院でお亡くなりになられた時、寝台車でどちらにお送りしたらよいか、あらかじめ決めておかれると良いでしょう。
最後なので馴染みのあるご自宅に帰られるのが望ましいと思いますが、諸事情でご自宅に帰れないケースもあるかと思います。
事前にご相談しておくと良いでしょう。

6.喪主を決めておきましょう。

喪主は、継承者として、世帯主、配偶者、長男(長女)等がなりますが、葬儀後の法事・墓参りなどの供養を執り行う責任がありますので、
慎重に決めましょう。

7.参列者の人数や連絡先を把握しておきましょう。

葬儀の連絡をする際、名簿などの整理をする時間はありません。また、葬儀式場を選定する際にも参列者の把握は決め手となる大事な要素のひとつです。
会葬礼状、会葬御礼品、食事等を手配するためにも会葬者数を予測しておきましょう。

8.希望する葬儀式場を考えておきましょう。

葬儀式場はご本人の意志や会葬者の利便性、葬儀の形式などを考慮して決める事が大切です。
最近では、利便性が高い葬儀式場を利用される方が多くなっておりますが、僧侶など宗教者や火葬場の都合など、状況により変わりますので、事前にご相談ください。

9.エンディングプランを考えておきましょう。

思い出の場所や、故人様のエピソードなどをお書き頂く「エンディングプラン」用紙がございます。
是非、ご活用下さい。

その他、疑問やご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ライフガーデン 南喜
TEL:06-6551-1497(365日・24時間対応しております)

ページ上部に戻る