吉口雅弘吉口雅弘

南喜の部長をさせて頂いております吉口雅弘と申します。
私はこの大正区で仕事をさせていただきはや数年になります。
主な仕事内容としましては、お葬儀の仕事を通じて皆様お一人お一人に南喜でお葬式をして良かったと思って頂ける様心がけると同時に、それ以外にも地域で行われる様々な行事やイベントに参加させていただき日々活動をしております。
私は自身の中で、常に心がけている事があります。それは『初心を忘れず、いつも謙虚な姿勢で』という事です。
そのきっかけとなったのは、入社して半年ぐらいの頃初めて1件のお葬式を担当させていただく事になりました。もちろんお葬式の勉強はしてきたつもりでしたが、当時22歳の私にとりましては何もかも初めてで緊張の連続でした。もちろん経験豊かな先輩も一緒についてもらっていましたが、必死にあちこち走りまわった記憶しかありませんでした。自分の中では思うような事ができなかったと反省ばかりでしたが、7年後にその喪家の方から「母が亡くなったんですが吉口さんはおられますか」と2度目のご依頼の電話がありました。無事お葬式も終わり喪家の方から頂いた言葉が「7年前の葬儀の時の吉口さんの一生懸命な姿が私達にとって何よりうれしかった」というものでした。その時に一番最初に携わらせて頂いた時の気持ちが一番大事なのだと教えて頂きました。以降その事を常に意識し何事にも取り組むようになりました。
様々な取り組みを通じ、地域の方々から『お葬式の事も、法事の事も、お花の事も、その他色々なことで何か困った事があれば南喜に相談しよう』と思って頂けるよう日々邁進いたします。

ページ上部に戻る

髙戸真樹髙戸真樹

皆様、初めまして。
ひかりグループ(株)南喜 髙戸 真樹と申します。
私は、ひかりグループ(株)南喜に配属になり3年が経ちました。南喜は大阪市大正区に会社があり、大正区という街は大阪市内でもまだ下町情緒が今も残り、ご近所さんを大切にする、人情あふれる街です。
このような皆様よりご依頼をいただき、大切なご家族様をお世話させていただくにあたり1番大事に喪家様とお話をさせていただいているのが、どのようなお方様でも一人では決して生きてこられていないということです。
ご家族、ご友人、知人、ご近所の方、いろんな人たちの支えや協力があって今があると思います。
最近では「家族葬」という近親者の方だけで故人様を送られる御葬儀が多いようですが、私は喪家様とお話をさせていただく上で、故人様と生前親交のある皆様に送ってもらい、故人様の「生きた証」が残るような最後の舞台になる御葬儀をお世話させていただきたいと思います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

ページ上部に戻る

東村武志東村武志

葬祭業に携わって25年になります。
きっかけは家内の両親が同じ年に亡くなり、その時の葬儀の体験が非常に心に残り、胸を打つものがあり、葬儀社の方の立ち居振る舞いに感動致しました。その当時は葬儀業といえばマイナーであり嫌われる職業の一つでした。私には亡き人を送る葬儀がどれほど大切な事か、また尊いものなのかと強く思われました。それから数か月後に家内と相談し、思い切って今の職にと転職させてもらいました。そして今では亡き方が喜びで彼の岸へ渡れますように、また見送る身近な方々の心が少しでも癒されますようにと真心を運ばせていただいております。

プロフィール
氏名  : 東村 武志(ひがしむら たけし)
出身  : 鹿児島県南九州市
生年月日: 昭和23年5月23日  ふたご座
血液型 : O型
資格  : 運行管理者
尊敬する人:西郷隆盛

ページ上部に戻る

月森邦子月森邦子

南喜に勤務しています、月森と申します
南喜に入社する時は、前会社の同僚の葬儀と母の葬儀しか知りませんでした
身内の葬儀の時は親族として座っているだけで、同僚の時は、お焼香して帰るだけで葬儀の事は、まったくわからないままでした。入社して思った事は、仕事が忙しく大変だなと感じた事です。
ただ、遺族様の前では落ち着いて対応しないといけないという思いがあるので的確なミスのない業務をと心がけております先輩や上司の様に、遺族様の心情を考えて行動することは、まだまだ未熟ですが色々な業務を吸収して自分の成長として日々精進してまいります。
遺族様に「ありがとう。いい葬儀でした」と言っていただける様に努力をし日々、自分自身も成長し会社に貢献できるように頑張ってまいります。

名前:月森 邦子
生年月日:昭和47年2月4日
血液型:B型
趣味:猫と遊ぶ事

ページ上部に戻る